あざ|きぬがさクリニック 大阪・姫路の美容外科・美容皮膚科・皮膚科・形成外科

アザ

医療レーザーを用いたアザ除去

アザには、茶アザ、黒アザ、青アザ、赤アザなど、平らなものから表面が盛り上がったものなど、その色味や形状など様々な種類があり、生まれつきアザが現れている場合もあれば、年齢を経て生じるものもあります。このように、種類が多く見えるアザも、原因となる色素はメラニン色素と血中のヘモグロビンの2種類で、原因となる色素の違いやアザの深さや大きさなどにより、アザの呼び方が変わってきます。

あざ

小さなお子さまから受けていただける傷の残らない安全治療

アザの種類によって使用するレーザーは異なりますが、それぞれのアザに適応したレーザーを照射していくことで、正常な皮膚にダメージを与えることなく、患部の細胞のみを分解除去することが可能です。傷跡も残らず、負担も軽い治療法になりますので、赤ちゃんからご年配の方まで安心して治療を受けていただくことができます。

使用レーザーの種類

施術の概要

施術時間 5分~15分程度(範囲による)
治療回数 1回の照射だけで効果を得ることはできません。レーザー照射後、患部の回復を待ってから次の照射を行います(約3~6ヶ月後)。その間、一時的に色が濃くなる時期がありますが、次第に薄くなっていきます。(効果には個人差があります。)
洗顔・メイク 創部以外は当日より可。創部は1週間後より可。
術後の経過 術後は1週間患部にガーゼを貼り付けます。
術後はご自身でガーゼ交換を毎日行っていただきます。
約1週間でかさぶたができ、かさぶたが取れた後はピンク色になりますが、水疱形成する場合もあります。約4~6週間後に二次性色素沈着といって、茶色が一旦濃くなりますが、3~6ヶ月できれいな肌色に落ち着いてきます。
残存している場合には、患部の回復を待ってから次の照射を行います(約3~6ヶ月後)。
合併症 ほとんどありませんが、以下のことが起こった場合には早急に対処します。
肥厚性瘢痕|色素脱失|ケロイド|瘢痕形成 など。
施術の副作用 肥厚性瘢痕|色素脱失|ケロイド|瘢痕形成 など。

アザ料金表

施術名 正規価格
赤あざ 単純性血管腫 毛細血管拡張症 35,000円程度
健康保険適用
(範囲により異なる)
ADM 太田母斑 蒙古斑 扁平母斑 7,000~15,000円程度
健康保険適用
(範囲により異なる)
施術名 内容 1回目~5回目 6回目以降
アザ 4×4cm以内 25,000円 15,000円
ハガキ1/4(5×7.5cm) 30,000円 20,000円
ハガキ1/2(10×7.5cm) 50,000円 30,000円
ハガキ1枚大(10×15cm) 90,000円 50,000円
ハガキ2枚大(20×30cm) 180,000円 100,000円

表示価格は税別価格です。