トラネキサム酸導入 tranexamic

トラネキサム酸イオン導入とは

今まで困難だといわれていた肝斑治療が可能に

トラネキサム酸とは、抗プラスミン作用を有するアミノ酸成分です。
今までの治療としては、抗止血・抗アレルギー・抗炎症作用として用いられていた内服薬(トランサミン錠)で、止血や、湿疹、蕁麻疹などの皮膚疾患が一般的でした。
また、美容外科や美容皮膚科では、メラニン阻害作用と、炎症抑制作用を併せ持つ薬剤でもあるので、色素沈着や老人性色素斑(シミ)や肝斑などでお悩みの方に一般的に処方されていました。トラネキサム酸はこれまで内服薬のみの治療法でしかなかったのですが、近年イオン導入としての薬剤が最先端の治療法として開発されました。
直接お肌に塗布するだけではなく、お肌の深部まで送り込んでくれるイオン導入をすることによって、吸収率が格段に高く、今までのレーザーや美白治療では困難だと言われていた肝斑の治療も可能になりました。

トラネキサム酸導入

RECOMMENDこのような方におすすめです

  • 肝斑
  • 老人性色素斑(シミ)
  • ソバカス
  • くすみ・美白治療
  • 肌荒れ

治療について

1週間に1回が効果的です。
最低でも、2~3週間に1回をお勧めします。
※内服薬のトランサミン錠とビタミン剤の併用をお勧めします。(保険適用)
内服薬での内側からの治療と、トラネキサム酸導入の外側からの治療のW効果で改善を早めます。

CONTACT
お問い合わせ