でべそ形成 m_heso

へその再建術・でべその修正

デリケートなおへその再建も安心

最近では、水着以外でも若い女性がおへそを露出するファッションが増えたため、おへその形に対する関心が高まっているようです。
体がよりスマートに見える縦長のおへそが人気で、でべその修正には臍窩(へその穴)を深く形成し、縦長の軸をつくるようにして縫合します。
おへそは臍帯(へその緒)を切った後に残る瘢痕組織で、先天性に欠損することはありません。一般的には、臍帯ヘルニアなど腹部への外科手術によって臍欠損が生じます。
また、でべそには単に皮膚(瘢痕組織)だけが突出しているものと、臍ヘルニアを合併しているものがあります。前者の場合は30分程度の手術で済みますが、後者の場合はヘルニア内容を整復し、再発防止のために腹直筋の一部を縫合します。
小児の場合は全身麻酔ですが、それ以上は通常局所麻酔で行ないます。抜糸は10日目以降に行ないます。消毒・形状チェックなどの術後ケアが必要です。

施術時間 約1時間
麻酔 局所麻酔(小児の場合、全身麻酔)
抜糸 10日目以降

CONTACT
お問い合わせ