いびき ibiki

いびき治療について

高周波メス(ラジオ波)を用いた「いびき」保険適用診療&日帰り治療

眠っている間のいびきや無呼吸は、睡眠中のご本人自身はなかなか気づきにくいものです。
しかし、ひどく大きいいびきや不規則な呼吸音は、ご家族や周囲の人たちに迷惑をかけるだけでなく、放置しておくと睡眠時無呼吸症候群や睡眠不足、高血圧、不整脈、脳梗塞、突然死を引き起こす原因にもなりかねません。つらい症状に悩む前に、ご相談下さい。

いびき

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?

睡眠中に10秒以上の呼吸停止を繰り返し、深い睡眠が取れないことが続く状態です。
無呼吸が続く事で、慢性の酸欠状態になり、血中の酸素量も低下して高血圧の原因となります。
また、少ない酸素を身体全体に行きわたらせなければいけない為、心肺時機能にも負担がかかり、不整脈、心不全、心筋梗塞を引き起こしやすくなります。このように、睡眠中に身体の休息が十分にとれなくなるために、疲れやすい、集中力に欠けるなど、様々な症状が出て来ます。

睡眠時無呼吸症候群セルフチェックリスト

  • 集中力が続かない
  • しっかりと睡眠をとったつもりでも熟睡感がない
  • 寝起きに頭が痛くなる
  • 日中の眠気がひどい
  • 突然耐えられないような睡魔に襲われる
  • 夜中に何度も目が覚める
  • 寝つきはよいが、寝起きが悪い
  • 朝起きると喉が渇いている
  • 呼吸が止まっていると指摘される

上記のような項目に当てはまる場合、睡眠時無呼吸症候群が疑われます。

いびき治療について

いびきの原因の多くは、睡眠中に口蓋垂の周辺部分が気道を塞いでしまうことです。
当院での治療は高周波メス(ラジオ波)を使用し、口蓋垂の一部を切除して気道を拡大する治療ですので、身体に負担をかけずに症状を改善します。
3段階に分けて、ゼリー状の麻酔、スプレータイプの麻酔、局所麻酔を使用するため、痛みはありません。局所麻酔による治療になりますので、入院の必要もなく、短時間で手術が終わります。また、出血もほとんどなく、副作用の心配もありません。

いびき治療

いびき症セルフチェックリスト

  • いびきをかいていると指摘されたことがある
  • 朝、目が覚めると喉が渇いている
  • 夜中に何度も目が覚める
  • 日中の眠気がひどい
  • 突然耐えられないような睡魔に襲われる
  • 充分な睡眠時間を取ったはずなのに疲れが残っている
  • 日中の眠気がひどい
  • 太っていて首が太い
  • 肥満である、もしくは最近体重が増えた

いびき・睡眠時無呼吸症候群Q&A

いびきは完全に治りますか?

個人差はありますが、ほとんどの方のいびきは軽減、消失します。睡眠時無呼吸症候群についても多くの場合、改善が見られます。

いびきの治療は1度で終わりますか?

いびきの手術前に、まずは診察と採血が必要です。基本的に手術は検査結果が出る1週間後以降に、ご予約をおとりさせて頂きます。手術後は1週間、2週間、1ヵ月検診にて、経過の診察となります。

効果はどれくらいで現れますか?

術後は炎症がおきますので、個人差はありますが、落ちつくまでに2週間~1ヵ月程かかります。炎症が落ち着いたあと効果を実感頂けます。

治療後もいびきをかく場合はありますか?

肥満の方はいびきをかきやすくなりますので、体重が極端に増加した場合、再発する可能性はございます。

治療後の食事について

術後1週間はアルコール、タバコ、固い物、極端に熱い物など、喉に刺激になるものは控えて頂いております。

治療後の痛みについて

治療後は個人差はありますが、約2週間程度痛みがございます。扁桃腺に炎症が起きている時のような痛みとなります。痛みが強い場合は、処方させて頂く鎮痛剤を服用頂いております。違和感は1ヵ月程度続く場合もありますが、時間とともに軽快致します。

入院は必要ですか?

入院の必要はなく、日帰りでの治療となります。手術時間も麻酔時間を含め1時間程度となっております。

いびきは病気のサインです!

いびきは、様々な病気との関係が指摘されています。睡眠時無呼吸症候群を始めとし、高血圧、動脈硬化、不整脈、脳梗塞などの生活習慣病のリスクになることが指摘されています。いびきが気になる場合は、放置せずにまずは診察にご来院頂き、ご相談下さいませ。

料金表

※税込価格
いびき健康保険適用 軟口蓋形成手術 32,000円~35,000円程度

CONTACT
お問い合わせ