まぶたのタルミ取り tarumi

まぶたのタルミ取りについて

まぶたのたるみ取りを希望される方へ

日本人の皮膚、特に顔の老化は目の周りから始まり、一般的には25歳を境目として始まります。目の周りは他の部分と比べ、特に皮膚が薄いため余った皮膚による小ジワ・タルミも目立つようになります。
そして、最近これらを改善し、若返りを希望される方々が増加しております。
目の周囲の若返り法は様々です。お悩みに応じた施術法をご提案いたしますので、お気軽にご相談下さい。

まぶたのタルミ取り

上まぶたのたるみ取り

「なんとなくまぶたが重い」、「垂れ目になってきた」、「二重の線が狭くなって目が小さくなった」、「目がくぼんで陰気にみえる」などの症状を感じられる方におすすめの方法です。
軽度の場合は、二重まぶたの手術や、注入療法で十分効果を得ることができますが、シワ・タルミが多い場合は、上まぶたのしわ取り手術(上眼瞼除皺術)を行います。
手術は、二重まぶたの方は二重の線に沿って、一重まぶたの人はご希望の二重のラインに沿って切開し、余分な皮膚および必要に応じて脂肪や筋肉を取り除き、シワ・タルミを解消します。

施術時間 約30分~1時間
麻酔 局所麻酔
抜糸 1週間後
洗顔・化粧 抜糸後翌々日から
傷跡 術後しばらく赤みが残りますが、二重の線に隠れるのでほとんど目立ちません。
術後の経過 術後3~7日間は、ある程度腫れます(個人差があります)。
まれに結膜浮腫、内出血(紫斑)が出る場合がありますが、時間が経つと消失します。
合併症 ほとんどありませんが、以下のことが起こった場合には早急に対処します。血腫、感染、外反、傷、多少のシワ、たるみが残るなど。

下まぶたのたるみ取り

「下まぶたに“くま”ができて目立つ」、「下まぶたに脂肪がたまり、袋が入っているようにふくらんで気になる」など下まぶたの小ジワ、タルミの症状を感じられる方におすすめの方法です。
軽度の小ジワであれば、注入療法やレーザー治療などで効果を得ることができますが、シワ・タルミが多い場合は、下まぶたのしわ取り手術(下眼瞼除皺術)を行います。
手術は、下まつげの際に沿って切開し、余分な皮膚および必要に応じて脂肪や筋肉を取り除き、シワ・タルミを解消します。

施術時間 約1時間
麻酔 局所麻酔
抜糸 1週間後
洗顔・化粧 抜糸後翌々日から
傷跡 術後しばらく赤みが残りますが、二重の線に隠れるのでほとんど目立ちません。
術後の経過 術後3~7日間は、ある程度腫れます(個人差があります)。
まれに結膜浮腫、内出血(紫斑)が出る場合がありますが、時間が経つと消失します。
合併症 ほとんどありませんが、以下のことが起こった場合には早急に対処します。血腫、感染、外反、傷、多少のシワ、たるみが残るなど。

料金表

※税込価格
まぶたのたるみ取り 218,900円
上+脂肪除去 328,900円
上+二重まぶた 328,900円
328,900円

※モニター価格20%引き

手術後の注意点

手術後は、1・3・6ヶ月の定期健診をお受け下さい。
ご質問などがございましたら、お近くのスタッフまでお気軽にご相談下さいませ。

CONTACT
お問い合わせ