二重まぶた(埋没法)|きぬがさクリニック 大阪・姫路の美容外科・美容皮膚科・皮膚科・形成外科

二重まぶた(埋没法)

こんな悩みに効果的

メスを使わず二重まぶたを希望されている方におすすめです。この方法は、万が一ラインを変えたい場合でも簡単に元に戻すことができます。また、腫れもほとんどでません。
糸の留め方にも数種類の方法がありますので、診察にてまぶたの状態を見せていただいて方法を決めていきます。

当院の特徴

丁寧なカウンセリング

カウンセリングの場になってしまうと、恥ずかしかったり希望をしっかりと伝えることができない方も中にはいらっしゃいます。当院ではもともとカウンセリングとインフォームドコンセントに力をいれておりますので、焦らずにゆっくりと相談していただけます。

こんな方にお勧めです

治療の流れ

STEP 1. カウンセリング
ご希望の二重についてお伺いします。
時間はしっかりと取っておりますので、希望や不安なことはゆっくりとご相談ください。
また、うまく説明ができなそうな場合には、有名人のお写真などもお持ちください。
一緒に二重のイメージを作っていきましょう。
STEP 2. デザイン
伺ったご希望にそって、ブジ―という器具を使い擬似的に二重のラインをつくっていきます。ご希望のラインが見つかるまで何度も繰り返して行いデザインをしていきます。
STEP 3. 局所麻酔
麻酔を入れすぎると施術直後に腫れを伴うため、麻酔の量にも気を付けながら施術を行います。
麻酔に使用する針も極細の針を使用するため痛みも抑えられます。
STEP 4. 手術
手術中は麻酔が効いているため、痛みはほとんどありません。
STEP 5. 施術後
術後はすぐにお帰りいただく事ができます。
なお、パウダールームにはドライヤー・メイク落とし化粧水・乳液を常備しています。
STEP 6. アフターケア
術後の経過でご不安なこと、ご質問等ありましたらお気軽にご相談ください。

施術の概要

施術時間 10分
術後の通院 なし
痛み※ なし
入院の必要性 なし
麻酔 局所麻酔
シャワー 治療部位以外は当日から可。
メイク まぶた以外は当日より可。まぶたは3日目より可能
洗顔 まぶた以外は当日より可。まぶたは3日目より可能
治療のペース -
治療後の経過

術後3~7日程度は泣いたあとのような、少し腫れぼったい瞼になります。(個人差があります)
術後3~6週間頃までは傷の周囲が硬くなり、異物感、違和感を感じることがあります。その後、時間とともに重瞼幅が狭くなり、自然な重瞼となります。

禁忌 当日の飲酒や激しい運動、入浴はお控えください。腫れが強くなってしまう可能性があります。
術後の注意事項

コンタクトレンズ着用は、術後約1週間目から可能です。但し、異物感、違和感がある場合は、中止して下さい。
内服薬を飲んで、胃もたれ、発疹などの症状がありましたら、内服を中止して下さい。

施術の副作用・リスク

糸は異物のため、炎症が起こり、まれに露出することもあります。
まれに内出血(紫斑)が出る場合がありますが、時間が経つと消失します。
人間の顔は非対称のため、左右の重瞼幅が全く同じにならない場合があります。
腫れぼったい瞼(まぶた)、厚い皮膚の場合は、重瞼ラインが薄くなったり、消えたりする可能性があります。
異物性肉芽種、感染、異物感・違和感、傷、重瞼幅の変化・消失など。

※痛みについては、個人差があります。

料金

施術名 内容 正規価格 会員価格 モニター価格
埋没 プレミアム法 90,000円 59,800円 39,800円
スーパープレミアム法 130,000円 79,800円 49,800円

表示価格は税別価格です。

アフターケア

手術後は、1・3・6ヶ月の定期健診をお受け下さい。(1年以内に自然に二重が消失した場合は手術費用は無料で、お薬代(約8,640円程度)で再手術させていただきます。ただし、手術方法が異なるときはその差額を申し受ける場合がございます。)なお、ご質問などがございましたら、お近くのスタッフまでお気軽にご相談下さいませ。