ピコレーザートーニング|きぬがさクリニック 大阪・姫路の美容外科・美容皮膚科・形成外科

ディスカバリーPICO PLUSは色素性病変、老化した皮膚や入れ墨の治療のための最先端のレーザー技術を使用して、肝斑はもちろん、シミ・くすみ・色ムラなどにも働きかけます。

532nmと1064nmの波長を発することによって、効果的に老いた皮膚の若返りを実現します。また、ピコ秒に加え、Qスイッチモードで高エネルギーのパルスも使えることや、フォトサーマルパルス(ロングパルス)も使用することが可能で、表在性および深在性の色素性病変やリジュビネーション目的の施術が可能です。

ピコレーザートーニングとは

ピコレーザートーニングでは、従来のトーニング治療に使われていたQスイッチレーザーの1,000分の1にあたる「ピコ秒」という短いパルス幅の弱い出力で照射されるため、肌にやさしく、よりスピーディ且つ安全な治療が期待できます。数回のセッションを行うことで、お肌全体の美白効果を実感いただいたり、開いた毛穴の対策にもオススメです。通常のトーニングよりも安全で肌に優しく、高い効果が期待されます。

こんな方におススメ(ピコレーザートーニング)

  • だんだん濃くなってきた肝斑を綺麗にしたい。
  • しみ・くすみが濃くなってきてお化粧を濃くせざるを得なくなってきた。
  • 普通のトーニングで効果を実感できなかった(薄くならなくなってきた)。
  • アザを早く治したい。
  • ケガや手術跡、レーザー後の色素沈着を早く治したい。

こんな悩みに効果的

  • くすみ(肝斑)
  • 真皮性肝斑
  • 色素沈着(レーザー、火傷、外傷等すべて)
  • ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)
  • 太田母斑
  • 蒙古斑 等

ピコレーザートーニングの特徴

1.はやく消したい

当院のディスカバリーPicoによるピコ秒レーザーによる治療では、従来の治療で使用されていたQスイッチレーザーに比べて、色素の粒子をより細かく破砕できます。
細かく破砕されたレーザーは、体の代謝機能で排泄されやすく、少ない治療回数で除去することが可能です。

※治療回数は個人差があります。

2.痛みを少なく肌にやさしい

非常に短い波長で、ターゲットの粒子に集中してダメージを与えるため、従来のレーザーに比べて熱の発生が少なくなっています。そのため、周辺組織へのダメージが少なく、痛みが軽減されています。

※痛みの感じ方には個人差があります。

従来のトーニングとの比較

  従来のトーニング ピコレーザートーニング
パルス幅 6~20ナノ秒 450ピコ秒(0.45ナノ秒)
痛み 照射エネルギーをあげると痛みが強くなる ピコ秒照射なので痛みを感じる時間が短い
※痛みについては個人差があります
肝斑 照射回数が多い 効果を実感するまでが早い
老人性色素斑 照射回数が多い 効果を実感するまでが早い
ADM 10~20回くらいかかる 効果を実感するまでが早い
赤み エネルギーを高めると出る場合がある エネルギーを高めてもほとんど出ない
点状出血 エネルギーを高めると出る場合がある エネルギーを高めてもほとんど出ない
※効果や痛みには個人差があります

ピコレーザートーニングの施術概要

施術時間 10~15分程度
術後の通院 2~4週間に1回を数回行います。
痛み※ パチパチと弾かれる感じです。
赤み 施術後すぐは、赤みがありますが、すぐに引いてきます。
入院の必要性 不要
麻酔 不要
メイク 直後から可能。紫外線対策を施していただきます。
洗顔 当日から可能

※効果には個人差があります

■注意事項とアフターケア

※上記説明はあくまで一般的なもので、肌質・体質・症状等の個人差により差異がありうることをご理解下さい。
アルコール成分入りスキンケア用品のご使用は避けてください。
治療前後の1週間は角質を除去するような刺激物の入ったスキンケアの使用は避けてください。
治療後数日間は、ピーリング作用により通常よりも肌がカサカサしますので、保湿ケアをしっかり行ってください。
紫外線を浴びると色素沈着しやすくなりますので、季節関係なく、日焼け止め(SPF値が50)を塗り、
万全の紫外線対策を心がけてください。
お手入れの方法から、してはいけない注意事項、または普段のメイクに至るまで詳しく丁寧に指導いたします。
異常を感じるような事、不安に感じることがありましたら、何なりとお気軽にお問い合わせください。

■禁忌など例

・妊娠をされている方
・日焼けをされている方
・てんかん発作の既往のある方
・施術部位に傷・ヘルペスのある方
・光過敏症のある方
・その他、何らかの不適応要因が認められる方(医師の診断により、治療をお断りすることがあります。)

ピコレーザーによるシミ治療

こんな方におススメ(ピコレーザーによるシミ治療)

  • ずっと悩んでいたが思い切ってシミを綺麗にしたい。
  • 家族・友人からシミを指摘された。
  • 以前シミ取りをしたがまた出てきた。
  • Qスイッチレーザーで取ってもらったが、満足できていない。
  • できるだけ綺麗にシミを取りたい。

症例写真

ピコレーザーによるしみ治療

料金表

ピコトーニング

施術名 内容 税別価格
1回 5回 10回
ピコトーニング 顔全体 14,800円 59,200円 99,800円
手の甲 7,800円 31,200円 54,600円
9,800円 39,200円 68,600円
デコルテ 24,800円 99,200円 173,600円
背中半分 29,800円 119,200円 208,600円

※以下の特典がつきます。
5回コースの場合:ロボスキンアナライザー(2回)無料
10回コースの場合:ロボスキンアナライザー(3回)無料

ピコレーザー(しみ)

施術名 内容 税別価格
老人性色素班 除去 mm単価 1mm(例:3mm 9,000円) 3,000円
老人性色素斑 取り放題
(ピコレーザー)
顔全体 148,000円
顔半分(両頬+鼻) 87,000円
手の甲(片手) 指先~手首まで 49,000円
手の甲(両手) 指先~手首まで 95,000円
前腕(片腕) 手首~肘関節 98,000円
前腕(両腕) 手首~肘関節 190,000円
上腕(片腕) 肘関節~肩(二の腕) 124,800円
上腕(両腕) 肘関節~肩(二の腕) 240,000円
首・デコルテ 240,000円
背中(上半分) 240,000円

※ピコレーザーをされた方はメソアクティス ホワイトニング1回プレゼント
※2回目のピコレーザーを1年以内に照射される場合は、1回目の料金の半額となります。